日本のクリスマス

日本のクリスマスは海外のクリスマスに比べると大変慌しいものです。なぜかというとその一週間後には一年の締めくくりである大晦日とお正月が待っているからです。日本人はお正月という行事を大変重視していますし、田舎に帰省する人も多くいます。クリスマスはまだ冬休みに入っていない会社も多く、なんとも気ぜわしい時期にある印象です。

近年は日本でも1ヶ月以上前からクリスマスムードが漂うようになりました。しかし、海外ではクリスマス前のみならず終わったあともクリスマスの雰囲気が保たれるそうです。日本ではお正月が控えているため、クリスマスは25日を終わればすっぱりと終了します。アメリカのニューヨークで有名なスポットといえばロックフェラーのクリスマスツリーでしょう。このクリスマスの光景を一度は生で見たいものです。そしてあのスケートリンクで滑ってみたいと思います。そのニューヨークのクリスマスでは25日をすぎてもクリスマスグッズコーナーが賑わいます。来年用に今年売れ残った商品を安く購入しておくのです。海外では年賀状よりもクリスマスカードを渡す習慣があり、その枚数はとても多いので安く用意しておくことが賢明なのでしょう。

またニューヨークではクリスマスブックという本が売られています。これはクリスマスの準備をするためのブックで何を準備すればいいか書き留めるためのものです。海外はクリスマスにたくさんの準備をしなければなりません。七面鳥やシャンパンなどの料理やクリスマスツリーも大きく立派なものです。また、プレゼントの数も日本と比べ物になりません。そのため購入するお店も大賑わいで品薄です。計画的に行動してクリスマスの準備をしなければならないのです。またそれは多くのひとにとって楽しみでもあります。

最高のクリスマスを迎えるためにどうすればいいか、それはクリスマスブックを用意して数週間前から準備を始めることではないでしょうか?

クリスマスって楽しい季節ですよね。お金も結構使ってしまうと思います。だからこそこういう時期にはお金を借りてしまってもいいのかもしれません。専業主婦がお金を借りるときにおすすめのカードローン一覧をまとめておきました。専業主婦 カードローン